• 【電話受付】
  • 【休診日】
  • 10:00~13:00/15:00~21:00(土日祝午後は14:00~16:30)
  • 火曜日、第3日曜日とその翌日の月曜日

院長が納得できるまで分かりやすくご説明します

インプラント相談ご予約

ORTHODONTIC

歯並びを整えたい方へ

?

歯並びが気になるけど、期間も費用もかかりそう…

  • 矯正中の見た目が気になる
  • 矯正中の痛みや違和感が心配
  • 食事や歯磨きなどでひっかかりそう
  • 頻繁な通院を継続できるか不安

マウスピース矯正で、
それらの不安も安心して矯正を始めましょう

インビザラインGOについて

マウスピース矯正
「インビザラインGO」

透明なマウスピースを使うので、見た目の違和感が少ない矯正方法です。スキャンして得た患者様の歯や骨の3Dデータを利用するので、精度の高い矯正治療をできる特徴があります。症例によっては適用できない場合もあります。

インビザラインGOの
メリット

インビザラインのメリット

  • 前歯だけのお悩み解決できます

    前歯のちょっとした重なりやすきっ歯などのお悩みを、マウスピースを装着するだけで徐々になおしていくことができます。
    また、過去に矯正治療をして後戻りをした部分もきれいになおすことができます。

  • 目立ちにくい透明の装置

    インビザラインGOは透明のマウスピースを使うので、ワイヤーやブラケットを使う矯正に比べると、見た目の違和感が圧倒的に少ない矯正方法です。そのため、外観を重視しながらしっかり矯正したい人におすすめです。

  • 痛みや違和感を感じにくい

    ワイヤーとブラケットを使う方法は痛みを訴える方が多いですが、マウスピースなら過度な力がかからないので少ない痛みで矯正できます。また、装置は薄い樹脂でできているので、ワイヤーやブラケットのような違和感もありません。

  • 取り外しが可能で衛生的

    取り外しできるので、毎日のブラッシングやマウスピースの清掃もいつでも可能です。また、マウスピースは歯垢が沈着しない素材ですし、定期的に交換しますから非常に衛生的に矯正治療ができます。

  • 金属アレルギーの心配がない

    マウスピースは樹脂で作られていますので、金属アレルギーの心配がありません。矯正治療に取り組む場合、ある程度の期間は装置を付ける必要がありますから、アレルギーへの配慮は重要です。

  • 少ない通院回数で矯正可能

    マウスピースは1~2週間ごとに患者様自身が交換します。症例にもよりますが、当クリニックでのチェックは1.5~3ヶ月に一度程度なので、通院の負荷が少なく忙しい方にも利用しやすい矯正方法です。

インビザラインとワイヤー矯正の違い

※左右にスクロールできます。

インビザラインGO ワイヤー矯正
治療方法
期間 4~6週間に1回の通院・3ヶ月半~半年程度の矯正期間 通院は治療初期:2週間に1回程度、その後:月1回。数か月~2年程度の矯正期間
適応年齢 子どもから大人まで対応 子どもから大人まで対応
装着感 違和感が少ない 違和感を感じやすい
見た目 目立ちにくい ワイヤーが目立ちやすい
痛み ワイヤー矯正に比べて痛みは少ない
※個人差があります
慣れるまで痛みを感じる場合が多い
※個人差があります
日常生活 着脱可能のため、支障が少ない 取り外すことが出来ないため、歯磨きや食事に支障が出やすい

インビザラインGOのデメリット

  • 治療できる症例が限られます

    たとえ患者様が前歯だけが気になっている場合であっても、全体的な歯並びに問題があったり、噛み合わせや骨格に問題があったりする場合などではインビザラインGOで治すことができません。
    まずは治療が可能かどうかの診断を行い、治療可能と判断されたケースのみインビザラインGOでの治療を行うことになります。もし不可能な場合にはブラケット矯正など、他の治療法のご提案をさせていただきます。

  • 装着時間が守れないと効果が現れにくくなります

    インビザラインGOは、ご自分で外せることが大きいメリットではありますが、毎日決められた時間装着できる方でなければ効果が十分に現れない場合があります。
    装着を忘れてしまうことが多い、会食、接待、飲み会などが多く、マウスピースを持続してつけられない、というような場合にはあまり適していませんので、他の治療法をおすすめします。

あらゆる症例を解決できます

  • 凸凹

  • 出っ歯

  • 部分的な受け口

  • 開咬

  • すきっ歯

  • 顔面非対称

マウスピースを使った矯正にも多くの種類があるのですが、インビザラインGOの特徴はクリンチェックシステムと呼ばれる独自のコンピューターシミュレーションにあります。旧来のマウスピース矯正はワイヤーを使う方法より矯正の作用が大きく劣るというイメージもありましたが、インビザラインGOは大幅に矯正効率を改善しています。

※症例によって適用できない場合や、ワイヤー矯正との併用をおすすめすることもあります。

  • 歯が著しく凸凹に生えている場合

    歯の移動量が大きい場合、歯並びの乱れが激しい場合、歯根の移動が必要な場合には向いていません。ただし、最初にワイヤーを使って大きく移動させ、その後インビザラインGOにスイッチする方法もあります。

  • 上下の顎の位置にズレがある場合

    あごの骨格が左右や前後でずれがある症例では、インビザラインGOは適用できません。

  • 第二大臼歯が生えていない場合

    お子さまでもインビザラインGOは使用できますが、第二大臼歯がまだ生えていない段階では効果が薄いことが分かっています。第二大臼歯はおおむね中学生以降に生えてくるので、時期を待っての使用をおすすめします。

マウスピース矯正の症例紹介

マウスピース矯正の料金

  • 検査料

    ¥22,000

  • アライナー

    ¥440,000

お支払い方法

お支払いは現金以外に以下のご利用が可能です。

  • カード決済

    • VISA
    • Mastercard
    • American Express
    • JCB
    • Diners Club
    • DISCOVER
  • アプリ決裁

    • Quic Pay
    • iD
    • Apple Pay
  • 電子マネー決済

    • Suica
    • PASMO
    • Kitaka
    • TOICA
    • manaca
    • ICOCA
    • SUGOCA
    • nimoca
    • はやかけん

デンタルローン

現金やクレジットカードなどのお支払いの他、デンタルローンのご利用も可能です。利用金額に応じて最大120回までの分割が可能です。

  • 例:500,000円(税込)120回払い

    毎月支払い金額

    5,500円/月

  • 例:1,000,000円(税込)120回払い

    毎月支払い金額

    11,000円/月

※ご利用例は一例です。ご利用状況により変動します。

よくあるご質問

Q

矯正終了後の保定装置はどのくらい付けますか?

A

1.5~2年程度は透明のマウスピースによるリテーナーの装着が必要です。

Q

食事の時、マウスピースはどうしたらよいのですか?

A

食事中は外すことができるので、日常と変わらない飲食ができるのがインビザラインGOの利点の一つです。

Q

矯正のための抜歯は必要でしょうか?

A

当クリニックとしては、できるだけ抜歯は避けています。しかし、抜歯をすることで矯正がしやすくなる例もありますから、総合的な見地から症例に合った提案をいたします。

Q

痛みが少ない矯正をしたいのですが可能でしょうか?

A

インビザラインGOはワイヤーを使った矯正に比べると、痛みや違和感が少ない特徴を持っています。

Q

虫歯や歯周病の治療とインビザラインGOの治療は並行できますか?

A

虫歯や歯周病がある場合、先に治療を行って口腔内の状況が良くなってから、矯正治療に移行します。

Q

インビザラインを使うと歯ぐきが下がるというのは本当ですか?

A

インビザラインに限らず、大人が矯正をする場合は歯ぐきが下がって見える症例はあります。これは矯正装置で引っ張ることによって起こる現象です。

Q

インビザラインGOはワイヤー矯正と同等の期間で歯を動かせるって本当ですか?

A

マウスピース矯正の多くはワイヤー矯正より歯の移動に時間がかかると言われていますが、インビザラインGOはほとんど変わりない期間で歯を移動できます。ただし、想定された装着時間を守らないと効果は薄れます。

Q

見た目重視でインビザラインGOか舌側矯正を考えていますがどう違いますか?

A

舌側矯正は適用範囲が広いメリットがありますが、インビザラインGOが使える症例なら、違和感や痛みの無さ、食事やケアのしやすさなどからインビザラインGOがおすすめです。

Q

マウスピースを破損や紛失した場合はどうなりますか?

A

インビザラインGOは壊れにくい素材で作られていますが、破損や紛失した場合はまずご相談ください。症例によって次に装着予定のマウスピースを繰り上げて使うこともあります。

Q

夜間だけの装着で効果は出ますか?

A

歯磨きと食事以外は装着している前提で考えられているので、夜間だけの装着では効果は望めません。他の方法で矯正することを検討しましょう。

Q

あまり通院せずに矯正したいのですが?

A

インビザラインGOは通院回数を減らしたい方におすすめです。できれば毎月1回通院していただくことを基本としていますが、ご要望があれば数ヶ月分のマウスピースをまとめて渡すこともできます。

Q

一本だけ歯並びを整えたいときにインビザラインGOは使えますか?

A

部分的な出っ歯などはインビザラインGOで矯正できます。他にも対応できることは多いので、まずはお気軽にご相談ください。

Q

マウスピースで歯が動く原理を教えてください。

A

インビザラインGOは目標とする歯並びに向けて、少しずつ形状が異なるマウスピースを交換していくことで、歯に力をかけて動かしていきます。

Q

インビザラインGOで対応できない症例はありますか?

A

インビザラインGOは非常に優れた矯正装置ですが、適用できない症例はあります。例えば、あごが前後、または左右にずれている場合、歯並びの乱れが激しい場合などです。そんな時はワイヤー矯正を先行して行い、ある程度矯正が進んでからインビザラインGOに移行する方法もあります。

Q

インビザラインGOは1日何時間装着すべきですか?

A

1日20時間以上の装着を基本としており、食事と歯磨き以外はつけておくことをおすすめしています。

Q

矯正の期間はどの程度かかりますか?

A

症例によって異なりますが、インビザラインGOの矯正は3.5~6ヶ月程度を想定しています。